top of page

海外から日本酒ファンを呼びこめ!業界の当たり前を突破し続ける酒蔵のインバウンド事業担当者を募集

更新日:7月4日


期間

2024年8月~(1か月)

活動場所

秋田県八峰町



日本酒業界では当たり前だった杜氏制の廃止や、酒粕を使用したクラフトジンなどのアップサイクル商品の開発、酒蔵の世界観に浸れる蔵カフェ。発想力と行動力で、魅力ある酒造りに取り組む山本酒造が次に仕掛ける事業は、宿泊業。酒蔵や宿だけに留まらない、八峰町そのものの楽しみ方や過ごし方を海外へ届けるインバウンド担当者を募集します!


活動内容


山本酒造のこれまで

山本酒造が拠点を置く、秋田県八峰町は人口6,183人のコンパクトな町。日本海と白神山地に囲まれた、自然の中で人々が培ってきた産業によって支えられいます。山本酒造も、白神山地から流れる伏流水を使い、代々日本酒造りに携わってきた地域に根付いた酒蔵です。


酒蔵を経営する山本社長は、海外留学や東京での仕事を経験し、八峰町にUターンした外向き思考の持ち主。田舎の中でも楽しみながら暮らせる会社を目指そうと、杜氏制からなる日本酒製造の担当制を廃止し、経験値に関係なく、誰でも酒造りに関わり、意見を交わせる組織作りにも力を入れています。また、近年は、酒蔵の敷地内にカフェを併設し、ここでしか味わえない日本酒や体験を提供する試みも仕掛けています。





なぜ秋田の酒蔵がインバウンド事業を展開することが必要なのか?

秋田のどんな地域で自分たちが酒造りをしているのか?八峰町がどんなポテンシャルがある地域なのか?商品を消費し合う関係でなく、日本酒や山本ブランドのファンに、ここでしか体験できない日本ものづくりの魅力を提供することが、酒蔵や地域の未来をつなぐエッセンスになると考え、山本社長はインバウンド事業にも力を入れていきたいと考えています。

そのキーとなる事業が宿泊業。日本海を眺めながら、家族や友人と八峰町での時間を楽しむことができる一棟貸し別荘を今夏にオープンさせます。





どのように実施していくのか?

山本社長がターゲットに据えている層は、海外の日本酒ファン。コンテンツは揃っている状態ですが、それらの情報を取りまとめ、発信できる状態にしきれていないことが課題です。そこで、インターン生には、インバンド担当者としてプロジェクトに参画し、山本社長と一緒に海外のお客様向けの動画マニュアル整備や町内でのアクティビティガイドを企画・提案してください!





募集要項


期待する成果
  • 海外の利用客を想定した宿の動画マニュアルが作成されている

  • 海外や八峰町を初めて訪れる利用客向けの体験企画が提案されている

得られる経験
  • 企業ブランドを起点に、地域の観光ポテンシャルを自ら生み出す経験

  • 自らの体験を商品に変え、価値を創っていく経験

活動内容

【STEP1】地域と企業の理解&業務のタスク化

酒蔵・カフェ・宿とうの業務全般を体験する。山本社長と展望と課題について議論し、インターン業務とゴールのすり合わせを行います。


【STEP2】マニュアル作成と体験コンテンツ企画

宿の使い方を取りまとめ、動画マニュアルに落とし込む。宿やカフェを含んだ八峰町のアクティビティを撮り溜める。


【STEP3】マニュアル実装とコンテンツまとめ&発信

動画の検証とアクティビティの記事化。山本社長に提出する。

対象となる人
  • 地域×小規模宿泊業に関心がある人

  • 観光やツーリズム&ホスピタリティ専攻を履修もしくは検討しており、自分の知識や考えを実践に移してみたい人

  • 日本の文化を海外に持ち込むことにとどまらず、そのために海外から人を呼び込む活動にもチャレンジしてみたい人

事前課題

海外観光客向けの一棟貸し別荘の国内事例を3つ調べる。それぞれのコンセプトと強み、弱みの活かし方、山本酒造の宿に活かせそうなポイントをまとめる。

活動条件

原則フルタイム:9:00~17:00

活動地

本社(〒018-2678 秋田県山本郡八峰町八森字八森269

費用

期間中の交通費、宿泊費、活動支援金の支給あり

応募資格

選考プロセス

▼Webから個別説明会に申込み

▼面接選考

▼選考結果通知

このプログラムのポイント!

山本酒造のプログラムは、秋田の最北にある田舎の企業だからこそできる思い切ったインバウンド事業に取り組める業務の幅と裁量の大きさが魅力です。

山本酒造は、秋田県内の伝統産業には珍しく、20代の地元の人たちが多く在籍している職場環境です。海外留学や都市部での就業経験がある山本社長は、若手が酒造りに参加しやすくなるよう、脱属人思考を意識して組織作りを進めています。設備投資のようなハード面だけでなく、業務中に従業員それぞれの好きな音楽を流したり、山本社長が好きな80年代のハリウッド映画ポスターや電子サインが掲示されており、若者が自分たちの「好き・楽しい」に浸りながら創造性ある仕事に取り組む環境を目指しています。


このインターンシップに応募するor話を聞きたい

インターンシップに関する説明会をオンラインで開催しています。ご希望の方は、下記よりお申し込みください。




 

インターンシップに関してご不明点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。



Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page